渡辺匡彦カルテット@アケタの店etc

今日4月5日は、右も左もわからない駆け出しの頃にお世話になったビブラフォンの渡辺匡彦さんのカルテットで演奏しました。
e0116937_04244525.jpg

西荻窪アケタの店は、前回もこのバンドでの出演で二回目です。お店の方がとても親切に音響をやって下さり、気持ち良く演奏できました。写真もありがとうございました
e0116937_04244682.jpg

ドラムスのマイクレズニコフさんとは、初共演でしたが、スインギーで素晴らしい上に優しい!色々気遣いしてくれたり、打ち上げ用の焼き鳥まで差し入れていただき、おいしくビールを飲みました。

渡辺さんの選曲はなかなかハードで、早さに乗り切れない曲もありましたが、楽しめたし、良い経験でした。

リーダー渡辺さん、ベースの林さん、ドラムスのマイクさん、こんな素晴らしいメンバーで演奏する機会をいただき、ありがたいです

もうじき発売の渡辺さんのリーダーCDを、さっそくゲットしました。とっても楽しみ!皆さんもぜひお聴きください。

この前日4日はビルボード東京で、ブラジルの大作曲家、歌手のEdu Lobo氏のライブを見ました。渡辺さんも同じ1セット目を見ていて、他にも臼田師匠や、たくさんのプロミュージシャン含め知人に会いました、人気なんですね!

半分以上知らない曲でしたが、ジャズ的なものや、いろんなタイプの曲がありましたが、私が好きなのはやはりスローのボサノバや、バラードですね。歌心がストレートに伝わり、感動しました。

知人は何人か楽屋に行ったみたいだけど、まだ話せなくて残念。いつか流暢なポルトガル語で話してみたいものです
[PR]
by shokojazz | 2016-04-05 23:10 | ジャズ | Comments(0)
<< 手術から3年生きました 月末月初、カスターなど。 >>