青山ボディアンドソウルで福田さんのトリオを見ました

茨城遠征から帰って来て、ボーっとしていました。ポルトガル語で12曲くらいボサノバを歌ったので、もう気が済みました~。歌は当分いいや、笑。私はやっぱりピアニストです~

月末31日のピアノトリオライブに向けて気を引き締めなければ!

今日は青山ボディアンドソウルに、大好きなピアノの福田重男さんのトリオを聴きに行きました

ベース、コモブチさん、ドラムス奥平さんというスーパートリオです

奥平さんは、私の師匠辛島文雄氏のトリオでよく見ましたが、さすがに素晴らしいですね!

コモブチさんはお名前はもちろん昔から知っていましたが、ライブを見るのは初めて。
エレベとウッド、どちらも超かっこよくて、おまけに笑顔も素敵でハマりました。また聴きたい!
e0116937_1515471.jpg

福田さんの選曲はほんと私好み、オリジナルも素敵。でもなんと言ってもその演奏には目が釘づけになります。
e0116937_1521133.jpg

ピアノの真ん前の、こーんな席をゲットしちゃいました。やっぱり手元が見たいので。

そしてやはり、見ないとわからないことが色々あって、すごく勉強になりました。

福田さんの音はとにかく美しくて、タッチも粒立ちがよくて気持ちいい。何を弾いてもすごいけど、今日特に目を奪われたのは、左手のバリエーションの豊かさ。

それにしてもやっぱりジャズは楽しいですねえ。自分がやるのももちろんですが、聴いているとテンション上がります。月に何度かはライブを見に行って癒されたい。あ、ということは私がやる場合もお客さんに喜んでもらえるようなピアニストになれたらいいな~
[PR]
by shokojazz | 2014-07-16 02:09 | ジャズ | Comments(0)
<< 久々の長いお休みでした 湯島カスター、茨城勝田サムシン... >>